金の売買

金の先物取り引きにおいては、金を直接買うということにはなりませんが、先物取引において金価格に対する投資をすることが可能です。また、買いたてを行っておきその後に反対売買を実施しない場合には投資価格で金の現物を受け取ることが可能で、このことを現受けと言います。ただ、先物投資の場合は売買単位が大きいので、現受けするというのはよほどのお金持ちでないと難しいと言えます。東京商品取引所では1kg単位でかつ銘柄は選べません。

CFD取引、差金決済取引においては仕組み自体は先物と似ているのですが、実際の現物のやり取りは行いません。基本的には、金価格の変動で売買益を出すのが目的なのです。金の先物取引、CFD取引メリットとしては、よりレバレッジを効かせた投資ができるということが挙げられます。先物、CFDの場合は取引業者に預けている資金の数倍、数十倍の取引ができるので、その分だけ、価格変動によって利益を得られやすいといえます。ただ、一方でレバレッジが高いということはそれだけマイナス方向に動いたときは損失も大きくなるという点はデメリットとも言えます。また、先物取引には限月と呼ばれる決済期日があるのでずっと保有し続けるということはできません。

Pocket